☆みんなの力で地域を守る!☆

NPO法人防犯ネットワークのプログ。
情報を共有してみんなの力で地域を守ろう!
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
LINKS
RECOMMEND
RECOMMEND
おひとりさまの防犯術―女子必携 これ一冊で泣き寝入りナシ!
おひとりさまの防犯術―女子必携 これ一冊で泣き寝入りナシ! (JUGEMレビュー »)
平塚 俊樹
防犯ネットワークの仲間である証拠調査士(エビデンサー)平塚俊樹さんが防犯術を本にしました。
女子必携、これで泣き寝入りなし!
RECOMMEND
大地震から家族を救う方法 ~緊急地震速報対応~ 寝床を変えれば生存確率が90%UPする!
大地震から家族を救う方法 ~緊急地震速報対応~ 寝床を変えれば生存確率が90%UPする! (JUGEMレビュー »)
和田 隆昌
防犯ネットワーク防災担当理事、和田隆昌の2冊目。
コンビニエンスストアなどでお買い求めいただけます。
ぜひ一家に一冊常備をお勧めします。
RECOMMEND
犯人目線に立て! ―危険予測のノウハウ
犯人目線に立て! ―危険予測のノウハウ (JUGEMレビュー »)
小宮 信夫
防犯ネットワークが大変お世話になっている立正大学小宮信夫教授の新刊。
80枚以上の写真を使って被害にあわない方法をわかりやすく解説。
子どもの安全の切り札、地域安全マップ授業の台本付き。
RECOMMEND
大地震 死ぬ場所・生きる場所 All About Books
大地震 死ぬ場所・生きる場所 All About Books (JUGEMレビュー »)
和田 隆昌
防犯ネットワークの防災担当理事、和田隆昌の本が出版されました。
どうぞよろしくお願いします。
RECOMMEND
安全はこうして守る―現場で本当に役立つ防犯の話
安全はこうして守る―現場で本当に役立つ防犯の話 (JUGEMレビュー »)
小宮 信夫
防犯ネットワークの理事長、田中伸一が執筆者として参加。

防犯の最先端の実践者が本音で書いた関係者必携の本!
RECOMMEND
PROFILE
SEARCH
大好評!地域安全マップ講習♪
大好評!地域安全マップ講習会のお知らせです♪

防犯ネットワークが昨年より取り組んでいる「地域安全マップ」講座。
今年の第2回目を開催します!


☆お立ち寄りの際はポチッと1クリックお願いします←ジョギング


欧米での研究から、犯罪がおきやすい場所は決まっています。
この犯罪機会論から考案された「地域安全マップ」を作成をしてみると、犯罪の置きやすい場所がわかり、危険な場所には近寄らない危険な場所で声をかけられたら警戒する、などの危険察知能力が向上します。

そして、この危険察知能力は住んでいる町だけでなく、世界中どこの町でも通用するものです。

あなたも、子どもの防犯の切り札(もちろん大人にも有効です!)と言われている地域安全マップ作りに参加してみませんか?



更に今回は、今までの地域安全マップの考え方はそのままに、防犯ネットワークが独自にバージョンアップをさせました。
ぜひ、NEW地域安全マップを体験してみて下さい♪

開催要項
2007年2月17日 午前10時〜午後3時
てくのかわさき 川崎市高津区溝口1-6-10

参加費 無料
お子様の参加者は小学生以上に限定させていただきます。

講座修了後、地域安全マップ講座修了証を進呈します。
事前登録が必要ですので参加希望者はメールにてご連絡ください。
info@bouhan-network.com まで。
| 田中 伸一 | 地域安全マップ | comments(0) | - |
地域安全マップインストラクター養成講座 高津その1
今年1月から、高津区での地域安全マップインストラクター養成講座を3月まで毎月1回開催します。
第1回目として、本日、1月28日(日)、高津市民館、視聴覚室で開催しました。
今回は、2グループ、それぞれ子どもさんも入った形で体験していただきました。ご参加の皆さん、朝早くからどうもありがとうございました。



こぢんまりした講習会になりましたが、穏やかな気候の中、フィールドワークもしっかりと体験していただきました。
インストラクター養成だけでなく、子どもたちに実際の地図づくりを経験してもらう中で、ここはもっとこうすればよかった等、私たちも改めていろいろ気づきがありました。



2月・3月とさらにパワーアップしてがんばりますので、これまで参加できなかった方々のご参加をお待ちしております。

本日初めて講師をさせていただいたkakuchanでした。
| kakuchan | 地域安全マップ | comments(3) | - |
地域安全マップ講座
防犯ネットワークのブログでは、もうすっかりお馴染みのとなった「地域安全マップ」ですが、 この度、神奈川県犯罪のない安全・安心まちづくり推進協議会が講座を開催します。

お近くの講座に参加されてみてはいかがでしょうか?
お子様の危機予測、危機回避能力が向上しますよ〜☆


〔第1回〕
日時:1月27日(土)9:30から15:30まで
場所:藤沢市立鵠沼市民センター
定員:30名
〔第2回〕
日時:2月10日(土)9:30から15:30まで
場所:県横須賀合同庁舎
定員:30名
〔第3回〕
日時:2月18日(日)9:30から15:30まで
場所:相模原市立東林公民館
定員:30名
〔第4回〕
日時:2月26日(月)9:30から15:30まで
場所:横浜市立若葉台西小学校
定員:30名

※ 申込みは各講座開催日の10日前までに、住所、氏名、電話番号を電話、FAX、e-mailにて安全防災局安全・安心まちづくり推進課まで。
電話:045-210-3515(直通) FAX:045-210-8953
e-mail:anzennet@pref.kanagawa.jp

安全安心まちづくり推進課さんには、いつも防犯ネットワークがお世話になっていますm(_ _)m


☆お立ち寄りの際はポチッと1クリックお願いします←晴れ


もちろん、防犯ネットワークが開催する「地域安全マップインストラクター養成講座」にも奮ってご参加ください!


| 田中 伸一 | 地域安全マップ | comments(0) | - |
地域安全マップ(子ども編)
10日(日曜日)に宮前区の土橋小学校で地域安全マップインストラクター養成講座を開催しました。

宮前区ではこれで4回目の開催です。
延べにして200名以上の方に地域安全マップインストラクター養成講座を受けていただきました。

今回は、子どもたちだけの班が2班あり、実際に子ども達にマップを作りを指導してみる事が出来ました。
大人と比べてるとみんなワイワイガヤガヤと大騒ぎです。
まったく静かにしていません!
こりゃ、小学校の先生は大変だなぁ・・・(^^;) とつくづく感じました。






☆お立ち寄りの際はポチッと1クリックお願いします←ツリー


それでも、要所要所は集中してくれて、最後には見事なマップができあがりました。


発表を聞いていても、ポイントをしっかり理解してくれているようで安心しました。

それにしても子どもの反応は小宮先生から聞いていたとおり。
「不審者ってどんな人?」と聞くと、「メガネ」「マスク」「黒い服」と答えるし、完成させた地図を前に「じゃあ、ポイントがわかったのでこの地図は破って捨てていいね〜?」と聞くと、「嫌だー!せっかく作ったのに〜!」と声をそろえる。


そこでいつもの決めぜりふを講師のKuniyさんが(^_^)

嫌でしょう。
犯罪ってこういうことなんだよ。
みんなが大切にしているモノや、お父さんやお母さんが一生懸命大切にしてきたモノを一瞬で壊してしまことなんだよ。
だから犯罪を起こしちゃダメだよね〜?
との問いに全員が「うん、うん」とうなづいていました。

これで年内の安全マップ事業は修了。
後は来年の1〜3月に高津区で開催予定です。

【実施日等】
日程:平成19年1月28日(日)高津市民館 11階視聴覚室
    平成19年2月17日(土)てくのかわさき
    平成19年3月4日(日)てくのかわさき(予定)

参加希望者はinfo@bouhan-network.comまで。
| 田中 伸一 | 地域安全マップ | comments(0) | trackbacks(0) |
立正大学の学生さん達が大活躍!
昨日、地域安全マップの作成講座をしました。

☆お立ち寄りの際はポチッと1クリックお願いします←ツリー


このエリア(川崎市宮前区)で開催するのは8月、11月に続き3回目です。

今回は小学生や学校の先生にも参加いただきました。
子どもの参加者

効果の薄い、間違った理解の安全マップが多くつくられていますが、学校の先生に参加していただき、理解していただけたのはとてもうれしい事です。

地域安全マップは、犯罪の発生しやすい「入りやすく、見えにくい場所」を、フィールドワークと地図の作成を通して気づく為のものです。
周りから見えない道路

古い情報の掲示板

地域安全マップは立正大学の小宮信夫教授が開発されましたが、小宮ゼミの学生を中心にサークルが出来ています。

今回は5名の学生さんにお手伝いいただきました。
何度も顔を合わせているので、すでに友達のようです(笑)

地域安全マップ作りで世代を超えた交流が出来ていることをうれしく思います。

スタッフと立正大学の学生


| 田中 伸一 | 地域安全マップ | comments(0) | trackbacks(2) |
信用金庫と地域安全マップ
埼玉県川口市の青木信用金庫が立正大学と連携して、小学校の先生・児童で地域安全マップを作成したという記事を見つけました。

地域防犯で安全マップ作りに協力 青木信金、立正大と連携

この信用金庫は「子どもたちをターゲットにした犯罪が多発していることで、地域のために何か役に立てないかと考えていた」と説明し、「立正大学の小宮信夫教授が提唱する地域安全マップ作りに共感して行った」ということです。

地域企業と学校が協力して子どもの防犯に取り組む。
とっても良いことですよね。
防犯ネットワークのスポンサー企業は現在5社。
CSR(企業の社会的責任)で取り組んでくれる企業がもっと増えると良いのですが・・・。
地域の小学校でも積極的に取り組んでくれないかなぁ。

防犯ネットワークは、神奈川県から助成金をいただいて地域安全マップ作成講座を開催しています。

今月は、明日3日と10日に宮前区で講座が開かれます。
宮前区の防犯ネットワーク会員にはメールで案内が届きますので、ぜひご参加ください。

| 田中 伸一 | 地域安全マップ | comments(0) | trackbacks(0) |
地域安全マップインストラクター養成講座
8月19日、川崎市宮前区の土橋小学校にて、「地域安全マップインストラクター養成講座」を開催しましたのでご紹介いたします。
土橋小学校

参加人数は約60名。
主なメンバーは、PTAの役員方や行政の方々です。
防犯ネットワークのスタッフが講師と指導員を担当しました。

まずは事前学習で、地域安全マップ作成の意義、不審者マップや犯罪場所マップとの違い等を勉強します。
事前学習

その後は、班長、地図係、インタビュー係、写真係などの役割を決めて「入りやすく見えにくい場所」を物差しにフィールドワークへ出発。
フィールドワーク

フィールドワークから戻り、食事をしている間に写真を現像。
その後はいよいよマップの作成。
マップ作成

各班ごとに特徴のある地域安全マップができあがりました。
学びのピラミッド効果もあり、一人ひとりがマップ作りの感想を発表。
「安全な町だと思っていたが、歩いてみると危険な場所がたくさんあった。」
「地域に戻って子ども達にぜひ教えたい。」
「インタビューをしたら、空き巣がたくさん発生していることが分かった。」
「今まで安全マップを作って子ども達に配っていたが、子ども達自身が作成することに意味があると感じた。」
などの発表が相次ぎました。
発表会

最後は全員で記念撮影。
記念撮影

翌日の読売新聞に写真付きで記事にして頂きました。

参加者、開催者共に、大変楽しく有意義な会となりました。

お手伝い頂いた立正大学の学生の皆さん、ありがとうございました(^_^)v
立正大学のみなさん

| 田中 伸一 | 地域安全マップ | comments(1) | trackbacks(0) |
地域安全マップつくり
防犯ネットワーク内部の地域安全マップつくりに参加しました。
 小宮先生のお話は、昨年自分達で開催したフォーラムで聞かせていただいたのですが、実際に安全マップを作るのは初めてでしたのでとても勉強になりました。
 当日はマップ作成の講習会に参加した理事長、副理事長二人が講師となり、私を含め初めての5人が生徒となりました。
 まずは室内で犯罪機会論の概略をレクチャー。領域性と監視性の観点から地域の中で危険な場所を探し、それを子どもたち自らが行う重要性を学びました。
 続いてビデオで実際のマップつくり風景を見て、いよいよフィールドワークへ。
 今回は講習会なのでまったくの地元なので、そんなに危険箇所がいっぱいあるのかなと最初は懐疑的でした。


 しかしあるものですね、「入りやすく見えにくい」の合言葉で探すとあっちもこっちもという感じです。 みんなで感想を言い合っていると時間はあっという間にすぎていきます。
 危険箇所を写真に撮ったり、地図に場所を記入したり、何で危険かのコメントを書いたり、街の人にインタビューしたりと結構忙しいのですが、発見する喜びも手伝ってかかなり面白かったです。
 室内に戻って模造紙にマップを書き込み、写真やコメントを貼り込んでついに地域安全マップが完成しました。


 大人がやってみてこれだけ面白いので、子どもは相当楽しいことは間違えないでしょうし、しかも子ども自身が危機回避能力を身につけることができる。しかも、新しい視点で地域を見ることになりますし、地域住民と触れ合うこともできます。
 この活動はぜひとも広げていかなければと思いました。
| harkey | 地域安全マップ | comments(6) | trackbacks(0) |
地域安全マップインストラクター養成講座
特定NPO法人防犯ネットワークでは、本年度の事業として子どもの危機管理能力を向上させる「地域安全マップ」のインストラクター養成講座を実施します。

第一回目は、8月19日に宮前区の土橋小学校で実施します。
こちらは、宮前区地域教育会議と協力して開催予定のため、参加者は限定されてしまいますが、2回目以降は一般の方にも参加していただける予定です。

学校の先生、PTAの方、町内会や子ども会関係の方などにも積極的に参加していただければ幸いです。



| 田中 伸一 | 地域安全マップ | comments(0) | trackbacks(0) |
地域安全マップ1
地域安全マップとは、犯罪機会論から見た「犯罪が起こりやすい場所」を示した地図です。
領域性と監視性の視点から、地域社会を点検・診断して、犯罪に弱い場所を洗い出したものです。
作り方がわかれば、子どもも大人も簡単に作成することが出来ます。

誰かが作ったものではなく、自らが作成することにより、作り上げる課程の中で子ども達の危険察知能力は向上します。
そして、その能力は住んでいる地域だけでなく、世界中どこの町に行っても通用するものです。

現在、行政や学校、PTAなど、いろいろなところで防犯マップが作られていますが、残念ながら防犯効果が無かったり、差別教育につながってしまう危険性のあるものるが多いようです。

このマップは、「世界一受けたい授業」でもお馴染みの、立正大学の小宮教授が考案されました。

先日、小宮教授にご紹介を頂き、地域安全マップ作成指導者養成の為の、「安全安心まちづくりアカデミー」(主催、東京都)に参加してきました。

事前にかなり調べてから参加をしてきましたが、やはり実際に作ってみる課程の中で、いろいろな気づきがありました。
また、幸いにも小宮教授ご本人に同行して頂く機会に恵まれ、ポイントを直接教えて頂く事が出来ました。

NPO法人防犯ネットワークでは、今年度の事業計画として「地域安全マップ指導者養成」と小学校での「地域安全マップ作成」を予定しています。

この経験を生かして、取り組んで行きます。


次回からは、作成した感想、作成時の注意点などを掲載する予定です。






| 田中 伸一 | 地域安全マップ | comments(1) | trackbacks(0) |
<new | top | old>