☆みんなの力で地域を守る!☆

NPO法人防犯ネットワークのプログ。
情報を共有してみんなの力で地域を守ろう!
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
LINKS
RECOMMEND
RECOMMEND
おひとりさまの防犯術―女子必携 これ一冊で泣き寝入りナシ!
おひとりさまの防犯術―女子必携 これ一冊で泣き寝入りナシ! (JUGEMレビュー »)
平塚 俊樹
防犯ネットワークの仲間である証拠調査士(エビデンサー)平塚俊樹さんが防犯術を本にしました。
女子必携、これで泣き寝入りなし!
RECOMMEND
大地震から家族を救う方法 ~緊急地震速報対応~ 寝床を変えれば生存確率が90%UPする!
大地震から家族を救う方法 ~緊急地震速報対応~ 寝床を変えれば生存確率が90%UPする! (JUGEMレビュー »)
和田 隆昌
防犯ネットワーク防災担当理事、和田隆昌の2冊目。
コンビニエンスストアなどでお買い求めいただけます。
ぜひ一家に一冊常備をお勧めします。
RECOMMEND
犯人目線に立て! ―危険予測のノウハウ
犯人目線に立て! ―危険予測のノウハウ (JUGEMレビュー »)
小宮 信夫
防犯ネットワークが大変お世話になっている立正大学小宮信夫教授の新刊。
80枚以上の写真を使って被害にあわない方法をわかりやすく解説。
子どもの安全の切り札、地域安全マップ授業の台本付き。
RECOMMEND
大地震 死ぬ場所・生きる場所 All About Books
大地震 死ぬ場所・生きる場所 All About Books (JUGEMレビュー »)
和田 隆昌
防犯ネットワークの防災担当理事、和田隆昌の本が出版されました。
どうぞよろしくお願いします。
RECOMMEND
安全はこうして守る―現場で本当に役立つ防犯の話
安全はこうして守る―現場で本当に役立つ防犯の話 (JUGEMレビュー »)
小宮 信夫
防犯ネットワークの理事長、田中伸一が執筆者として参加。

防犯の最先端の実践者が本音で書いた関係者必携の本!
RECOMMEND
PROFILE
SEARCH
<< 出版予定 | main | 会員さんからのメール >>
ガーディアンエンジェルスと名乗る集団?
トンネルでの殺人事件があった梶ヶ谷の会員の方から気になる情報が寄せられています。
以下は、会員様からのメールです(一部抜粋)

>実は、最近自称“ガーディアンエンジェルス?”という中年の男性が梶が谷駅から事件のあったトンネルに続く道や、川崎市民プラザあたりにいるのですが、その男性の注意の仕方が度を越すもので、あたりの住人からは恐れられております。
たとえば、そのあたりのバス停やコンビニのゴミ箱の中身の分別に問題ありといって、近所やコンビニの人に注意するだけならまだしも、ゴミ箱をけとばしていたとか、大声でどなりちらしていたという行為があったそうで、その自称ガーディアンエンジェルスの人のことを知らない付近の住民からは“あの人は不審者ではないか?”という問い合わせが小学校の校外委員に寄せられたほどです。

また、先日も川崎市民プラザで子供が遊んで走っておりましたら、親に向かって“子供を注意しろ!”というようなことを大声でどなりつけまして、その後広場にいた、親子連れが一斉に退去したというようなことがありました

とにかく、ガーディアンエンジェルスについて、TVなどで見る限りは街の治安についてがんばっておられる方々という印象を持っておりましたが、梶ヶ谷付近にいる、その自称ガーディアンエンジェルスの方は付近住民に恐れられているということしか、現在のところいえないように思えます。

このような内容のご連絡をいただきました。

過去の記事にも書きましたが、私もずいぶん前からガーディアン・エンジェルスの活動を見てきましたが、住民を威嚇するようなパトロールをしているとは考えられません。

そこで、日本ガーディアン・エンジェルスの事務局に問い合わせてみたところ、次のようなお返事をいただきました。

>現在、神奈川県内で日本ガーディアン・エンジェルスとして支部があるのは横浜・横須賀・大和の3地域のみになりますので、川崎市内でのパトロール活動は行っておりません。

私ども団体の名前を語ってご迷惑を掛けている方がいるというのは
とても残念な事ですが、団体とは関係の無い方ですので、今後その方が
またご迷惑を掛けるような行動をしているところを見かけられた場合は
最寄の交番または警察署に通報していただきますようお願いいたします。



おそらく、このパトロールをされている方達は、地域の安全に対して危機感を持っており、何か行動を起こそうと善意でパトロールをスタートしたのだと思います。
この事に対しては、地域に何も関心を持っていなかったり、関心を持っていても何も行動を起こさない人々よりも、「地域の治安の為に積極的に行動を始めるのだ」という心意気を感じます。

しかしながら、地域住民が怖がったり、威嚇されていると感じてしまうようなパトロールの方法には問題があると考えます。

11月3日の市民パトロール活性化集会に参加して、正しく、効果的なパトロール方法を学びましょう!(もう少し席に余裕があります)

←ブログランキングに参加中です!ポチッとワンクリックお願いします!

| 田中 伸一 | 会員情報 | comments(0) | trackbacks(1) |









url: http://blog.bouhan-net.jp/trackback/386890
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/01/11 3:30 AM |