☆みんなの力で地域を守る!☆

NPO法人防犯ネットワークのプログ。
情報を共有してみんなの力で地域を守ろう!
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
LINKS
RECOMMEND
RECOMMEND
おひとりさまの防犯術―女子必携 これ一冊で泣き寝入りナシ!
おひとりさまの防犯術―女子必携 これ一冊で泣き寝入りナシ! (JUGEMレビュー »)
平塚 俊樹
防犯ネットワークの仲間である証拠調査士(エビデンサー)平塚俊樹さんが防犯術を本にしました。
女子必携、これで泣き寝入りなし!
RECOMMEND
大地震から家族を救う方法 ~緊急地震速報対応~ 寝床を変えれば生存確率が90%UPする!
大地震から家族を救う方法 ~緊急地震速報対応~ 寝床を変えれば生存確率が90%UPする! (JUGEMレビュー »)
和田 隆昌
防犯ネットワーク防災担当理事、和田隆昌の2冊目。
コンビニエンスストアなどでお買い求めいただけます。
ぜひ一家に一冊常備をお勧めします。
RECOMMEND
犯人目線に立て! ―危険予測のノウハウ
犯人目線に立て! ―危険予測のノウハウ (JUGEMレビュー »)
小宮 信夫
防犯ネットワークが大変お世話になっている立正大学小宮信夫教授の新刊。
80枚以上の写真を使って被害にあわない方法をわかりやすく解説。
子どもの安全の切り札、地域安全マップ授業の台本付き。
RECOMMEND
大地震 死ぬ場所・生きる場所 All About Books
大地震 死ぬ場所・生きる場所 All About Books (JUGEMレビュー »)
和田 隆昌
防犯ネットワークの防災担当理事、和田隆昌の本が出版されました。
どうぞよろしくお願いします。
RECOMMEND
安全はこうして守る―現場で本当に役立つ防犯の話
安全はこうして守る―現場で本当に役立つ防犯の話 (JUGEMレビュー »)
小宮 信夫
防犯ネットワークの理事長、田中伸一が執筆者として参加。

防犯の最先端の実践者が本音で書いた関係者必携の本!
RECOMMEND
PROFILE
SEARCH
<< 防犯協力タクシー | main | セコムが監修した子ども向け防犯本 >>
緒方貞子さん
緒方さんに初めてお会いしたのは、1997年の10月、第50回国連NGO会議の時。
この時は、お会いしたと言うより、お見かけしたと言った方が正しい。
国連前2

当時は、国連高等難民弁務官をされていて、国連のテレビで良く見かける総会議場で、アナン事務総長のスピーチのあとに出てこられて、バリッと(当然英語)でスピーチをされました。

最前列近くに陣取りながらも、物見遊山気分で参加していた私は(もちろん同時通訳(^_^)v)
「日本人のおばあちゃん(失礼!)でこんなに活躍している素敵な人がいるんだ!」と感銘を受けたのでした。

時を移して2002年、私が役員を務めていた団体で、国際都市会議を開催する事になり、ぜひ、緒方貞子さんをお呼びして基調講演を頂こうという計画になりました。

残念ながら、NY在住の緒方さんは、今は日本に行くことは出来ないとのお返事・・・
それならばと、NYに行って、会議参加者へ宛てたビデオメッセージを収録させて頂く事になりました。

97年の国連総会議場での光景が忘れられなかった私は、「緒方さんに会えるなら俺が行く!」と立候補。
当時は、役員の誰もがボランティアでアッチコッチ飛ばなければならなかったのです・・・(マザーテレサを呼ぶためにバチカンまで飛んだ人もいました)

そんな訳で、前年に起きた9.11同時多発テロの傷跡が残るニューヨークで緒方さんにお会いしたのでした。
グランドゼロ隣地教会

国連の近くにある、フォード財団の事務局でお会いした緒方さんは、とっても小さくて「かわいいおばあちゃん」という印象でした。緒方さん

インタビューは、当然9.11のテロの事から始まり、緒方さんはこうおっしゃいました。

「あの事件は、もはや一国だけの安全、一国だけの繁栄はありえない時代になった事を象徴している」
「これは国だけでなく地域でも同じ事だ」
「これからは、地域の共通の利益を考えなくては・・・それが物差しだ」

歴史を越えた相互理解をテーマとしたアジア都市会議だったので、本当はもっともっと重要なお話がたくさんあったと思うのですが、私にはこの言葉が衝撃的でした。

それまで、仕事であるマンションの管理業で、あまりにも多くの空き巣が発生しており、「自分が管理させて頂いているマンションだけは何とかしなければ・・・」と考えていたのですが、
緒方さんの話を聞いて、「そうか、自分が管理しているマンションだけの安全・安心はあり得ない。地域全体の利益(治安が良くなる)を物差しにしなければ」と考えるようになったのです。

幸い、回りの熱い仲間(熱すぎる?)に恵まれ、多くの皆様に協力を頂きながら、防犯ネットワークの活動はスタートしたのでした。


←ブログランキングに参加中です!
ポチッとよろしくお願いします!


| 田中 伸一 | 理事長のひとり言 | comments(1) | trackbacks(0) |
木村 (2005/12/13 2:09 AM)
日本にも熱い人達がいるんだと感激しました、とても素敵なお話…ね?









url: http://blog.bouhan-net.jp/trackback/101032