☆みんなの力で地域を守る!☆

NPO法人防犯ネットワークのプログ。
情報を共有してみんなの力で地域を守ろう!
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
LINKS
RECOMMEND
RECOMMEND
おひとりさまの防犯術―女子必携 これ一冊で泣き寝入りナシ!
おひとりさまの防犯術―女子必携 これ一冊で泣き寝入りナシ! (JUGEMレビュー »)
平塚 俊樹
防犯ネットワークの仲間である証拠調査士(エビデンサー)平塚俊樹さんが防犯術を本にしました。
女子必携、これで泣き寝入りなし!
RECOMMEND
大地震から家族を救う方法 ~緊急地震速報対応~ 寝床を変えれば生存確率が90%UPする!
大地震から家族を救う方法 ~緊急地震速報対応~ 寝床を変えれば生存確率が90%UPする! (JUGEMレビュー »)
和田 隆昌
防犯ネットワーク防災担当理事、和田隆昌の2冊目。
コンビニエンスストアなどでお買い求めいただけます。
ぜひ一家に一冊常備をお勧めします。
RECOMMEND
犯人目線に立て! ―危険予測のノウハウ
犯人目線に立て! ―危険予測のノウハウ (JUGEMレビュー »)
小宮 信夫
防犯ネットワークが大変お世話になっている立正大学小宮信夫教授の新刊。
80枚以上の写真を使って被害にあわない方法をわかりやすく解説。
子どもの安全の切り札、地域安全マップ授業の台本付き。
RECOMMEND
大地震 死ぬ場所・生きる場所 All About Books
大地震 死ぬ場所・生きる場所 All About Books (JUGEMレビュー »)
和田 隆昌
防犯ネットワークの防災担当理事、和田隆昌の本が出版されました。
どうぞよろしくお願いします。
RECOMMEND
安全はこうして守る―現場で本当に役立つ防犯の話
安全はこうして守る―現場で本当に役立つ防犯の話 (JUGEMレビュー »)
小宮 信夫
防犯ネットワークの理事長、田中伸一が執筆者として参加。

防犯の最先端の実践者が本音で書いた関係者必携の本!
RECOMMEND
PROFILE
SEARCH
梶ヶ谷のトンネルでの事件
会員様から、「ずっと昔にあの付近に住んでいて、その頃からあのトンネルともうひとつのトンネルは露出狂の人がよく出没し、何度もイヤな思いをしました。事件が起きてしまう前に、警察や自治体等で何とか出来なかったのでしょうか?」というメールを頂きました。

過去に同様な事件が発生していたとして、YOMIURI ONLINEが記事にしています。
この事件は、防犯ネットワークでもNo.357でお知らせをしていました。

今日は、「過去に刃物を持った不審者の情報はないか?」と、テレビ局や新聞記者の方から何度も連絡が入りました。

過去の同様の事件を、読売オンラインの中から抜粋してご紹介します。

川崎トンネル女性殺害、昨年3月にも類似事件
 川崎市宮前区梶ヶ谷の市道トンネル内で、近くに住むアルバイト黒沼由理さん(27)が殺害された事件現場から約500メートルの路上で昨年3月、帰宅途中の女性会社員が何者かに背後から刃物で刺され、重傷を負っていたことが25日、わかった。

 宮前署特捜本部で黒沼さんの事件との関連を調べている。調べによると、女性会社員が襲われたのは昨年3月6日午後11時10分ごろ。同市高津区梶ヶ谷4の路上を歩いていたところ、オートバイに乗った何者かに追い抜かれた瞬間に刺された。女性会社員は厚手のロングコート姿だったが、傷は深さ約5センチ、長さ5センチに達していた。

 犯人は白のジャンパー姿。高津署は、通り魔による傷害事件とみて捜査していたが、事件は未解決のままとなっている。

 殺害された黒沼さんの下腹部の傷も背中まで達するほど強い力で刺され、凶器はいずれも鋭利な刃物とみられることから、特捜本部は類似点に注目。高津署から当時の捜査資料を取り寄せるなどして調べている。

自分の身は自分で守るという意識を持ちながら、地域でも領域性、監視性を高めて犯罪に強い町にしていきたいですね。

←ブログランキングに参加中です!ポチッとワンクリックお願いします!

| 田中 伸一 | 梶ヶ谷トンネル女性刺殺事件 | comments(2) | trackbacks(5) |