☆みんなの力で地域を守る!☆

NPO法人防犯ネットワークのプログ。
情報を共有してみんなの力で地域を守ろう!
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
LINKS
RECOMMEND
RECOMMEND
おひとりさまの防犯術―女子必携 これ一冊で泣き寝入りナシ!
おひとりさまの防犯術―女子必携 これ一冊で泣き寝入りナシ! (JUGEMレビュー »)
平塚 俊樹
防犯ネットワークの仲間である証拠調査士(エビデンサー)平塚俊樹さんが防犯術を本にしました。
女子必携、これで泣き寝入りなし!
RECOMMEND
大地震から家族を救う方法 ~緊急地震速報対応~ 寝床を変えれば生存確率が90%UPする!
大地震から家族を救う方法 ~緊急地震速報対応~ 寝床を変えれば生存確率が90%UPする! (JUGEMレビュー »)
和田 隆昌
防犯ネットワーク防災担当理事、和田隆昌の2冊目。
コンビニエンスストアなどでお買い求めいただけます。
ぜひ一家に一冊常備をお勧めします。
RECOMMEND
犯人目線に立て! ―危険予測のノウハウ
犯人目線に立て! ―危険予測のノウハウ (JUGEMレビュー »)
小宮 信夫
防犯ネットワークが大変お世話になっている立正大学小宮信夫教授の新刊。
80枚以上の写真を使って被害にあわない方法をわかりやすく解説。
子どもの安全の切り札、地域安全マップ授業の台本付き。
RECOMMEND
大地震 死ぬ場所・生きる場所 All About Books
大地震 死ぬ場所・生きる場所 All About Books (JUGEMレビュー »)
和田 隆昌
防犯ネットワークの防災担当理事、和田隆昌の本が出版されました。
どうぞよろしくお願いします。
RECOMMEND
安全はこうして守る―現場で本当に役立つ防犯の話
安全はこうして守る―現場で本当に役立つ防犯の話 (JUGEMレビュー »)
小宮 信夫
防犯ネットワークの理事長、田中伸一が執筆者として参加。

防犯の最先端の実践者が本音で書いた関係者必携の本!
RECOMMEND
PROFILE
SEARCH
地域安全マップ指導員全国大会
12月9日、タイトルの大会に参加してきました。

今年が3回目なんですが、何故か皆勤です(苦笑)

主催は立正大学・犯罪社会学研究会小宮ゼミです。





ボケボケですが、学生さんが最後に
「防犯サンバ」を踊っている様子です。



第一回のとき、基調講演をされたのが
大坂教育大学附属池田小事件の被害者の保護者、
本郷さんだったのです。

防犯ネットワークは平成17年に
本郷さんと小宮教授をお招きして講演会をしました。


そのご縁でいつもご案内をいただきます。



「地域安全マップ」は小宮教授に講演をいただいたあと、
平成18年に、東京都が行っている
「地域安全マップ」アカデミーに
小宮先生のつてで理事長と一緒に参加させていただき、
その時に学んだ知識で、神奈川県に普及するべく
神奈川県安全安心まちづくりのパイロット事業に
応募して、選出され、
川崎市では主に宮前区を中心に活動できました。
(東京都は懐が深い)

防犯ネットワークでは指導者育成に取り組みました。

僭越ながら僕が講師になった講習が連続でありました。

市立犬蔵小学校で総合的学習に取り上げていただいたのを初め
民間では画期的?成果がありました。
(今でもいくつかの学校で続いています)

今回の全国大会のあと、小宮先生に
「川崎は皆さんのように指導できる人が出来た。頑張ってください」
と励まされました。

小宮ゼミの学生さんには薄謝で協力いただき、
とてもお世話になりました。
(今でも仲良しの飲み友達になった学生さんもいます)

手弁当の完全ボランティアなので
あまり活動が活性化するときついという矛盾を持った活動ですが
この先も子ども達の安全のために続けて行きたいと思います。



で、今回の全国大会ですが、再び本郷さんが基調講演でした。

小宮先生の意図は、普段から防犯を訴える活動をする学生は
「被害者の生の声を聞いておく必要がある」
ということだと理解しているのですが、
本郷さんの話は何度聞いても胸を撃たれます。
講演では涙を拭う学生さんの姿が垣間見られました。


僕は、本郷さんの講演をお聞きするのは、
6回目くらいになるのですが、
聞くたびに涙が出てしまいます。

本郷さんは「事件が風化するのが怖い」と仰って
本当は思い出したくないんだろう(と思う)
話を悲しみを超えて伝えてくれます。

その思いを受けて、
講演会にお招きした責任を持って

子ども達の安心、安全のために

今後も「自分に出来ること」

して行きたいと改めて思いを強くしました。


←ブログランキングに参加中です!
ご声援、よろしくお願いします!



ちなみに、大坂の八尾市総務部から参加されていた
室長さんは、昨年はパネリストのゲストでしたが、
今年は休暇をとって自腹で参加されたとのこと。

なんか嬉しいじゃありませんか!






| 鈴木邦之 | 地域安全マップ | comments(0) | - |
久しぶりに地域安全マップ
今日は高津・東高津の中学校区地域教育会議と共催で

「地域安全マップ」

の作成講座をしました。



「地域安全マップ」は、犯罪機会論に基づき、
「人」ではなく「場所」に着目し

「入りやすい」「見えにくい」

という2つのキーワードを使って「危険な場所」に
気付く力を養うための実践的なフィールドワークを伴う
約半日がかりの講習です。





防犯ネットワークでは平成18年に
「地域安全マップ」の考案者である立正大学の小宮先生に
講演いただいた関係から、
民間組織としては珍しく?
率先して普及に取り組んできました。


これまであった「安全マップ」は


不審者(こどもには不審者の判断が出来る?)出没状況マップ

犯罪発生箇所マップ

交通事故発生場所マップ


みたいな、こどもの目線ではなく、PTA作成・配布
のものが多かったと思うのですが、
小宮版・「地域安全マップ」は画期的でした。

出来上がったマップではなく、

「マップを作成する過程」

が重要視されます。



そこで着目されるのが「場所」でした。

犯罪機会論でした。



防犯ネットワークでは
平成19年に神奈川県の安全安心まちづくりパイロット事業になり
主に宮前区を中心に推進してきました。
(宮前区で協力体制を作っていただいたので…)


高津でも続けています。

防犯ネットの麻生支部が出来たのも
「マップ」の講座に理事長が行ったおかげです。
講座の受講者の方に配信事業を始めていただきました。



今回は、市立養護学校に会場を提供していただき開催しました。
昨年の12月6日にやはり同じ会場で開催しました。


一番嬉しかったのは

養護学校に入ったとき、昨年作成したマップが貼ってあったことです。
正直、「今日、講座があるから」なんだろうと思いました。
しかし、学校ではそこに一年間貼り続けていただいたそうです。


本来の目的とはズレるのですが、注意喚起の目的で
使ってくれていました。

ああ、こういう使われ方も素晴らしいな…



最近、こちらから働きかけてまで活動していない
「地域安全マップ」ですが、
ノウハウと道具一式は揃っていますので
興味がある町会、自治会、PTAなどの方、
お問い合わせ、お待ちしております。



小宮ゼミにはお世話になっています。
いつもご協力、ありがとう!




←ブログランキングに参加中です!
ご声援、よろしくお願いします!








| 鈴木邦之 | 地域安全マップ | comments(0) | - |
地域安全マップ作成講座 in 川崎市立養護学校
12月6日(土)、高津・東高津両中学校区の地域教育会議で、地域安全マップの講座を行いました。会場は川崎市立養護学校。

高津での開催は久しぶりだったのですが、このところ宮前区で積極的にマップ講座を推進している福武先生が今回の講師。



高津・東高津両中学校区の地域教育会議としては昨年度に引き続き2回目の講座となりますが、昨年度がインストラクターを養成することが目的だったのに対し、今回は親子で参加してもらおうというのが狙い。



参加人数はちょっと少なめでしたが、子どもたちはしっかり「入りやすく」「見えにくい」危ない場所を察知するコツをつかんでくれたようです。

←ブログランキングに参加中です!
ポチッとワンクリックにご協力お願いします!
| kakuchan | 地域安全マップ | comments(0) | - |
残念な「安全マップ」
今朝(10月20日)の読売新聞川崎版に

「保護者ら協力 安全地図」

という記事が載っていました。

 川崎市多摩区の市立南菅小学校では、学校周辺の危険場所を示した
「安全マップ」を作った。
こうした地図は児童や教師だけで作る例が多いが、
今回は保護者と警察も協力し、本格的なものに仕上げた。
近く地域の各家庭に配る予定だ。
 同校では今年7月、5・6年生が中心となった
「安全マップ実行委員会」メンバー児童約25人と保護者約20人が、
登下校のルートや児童の自宅周辺を歩いて点検した。
路上駐車が多く見通しの悪い場所や、人目につきにくい地点
などを確認し、そうした危険な場所を写真にとって注意する事項をまとめた。
これを同校の児童担当の教諭らがまとめ、マップとして製図した。
 さらに、学校周辺を管轄する多摩警察署から、
不審者の情報を寄せられたり、交通事故が発生した場所を教えてもらい、
星や丸のマークに図示した。
マップの大きさは保護者から
「冷蔵庫にはれる大きさがいいのでは」との提案があり
A2版のポスターサイズにした。
約700枚印刷し、来春の新入生の家庭にも配る予定だという。
 委員会メンバーの6年生は「普段は気がつかない危ないところが
たくさんあってびっくりした。みんなに伝えて注意を促したい」。
委員長を努めた6年生は「自宅にはってあれば、毎日目について
防犯の意識も高まる」と話していた。
 校長は「児童が主体的に取り組むことで、防犯意識や地域の安全
を自分たちで守る意識がついたのでは」と話している。


以上読売新聞の記事(一部個人名は伏せています)

ちなみに、児童と教師で作る=小数派
川崎市では保護者が作るのが大多数なはずです。

←ブログランキングに参加中です!ポチッとワンクリックお願いします!

「地域安全マップ」は、何度も取り上げていますので
お気づきになった方もいらっしゃるかと思います。

川崎市では、「地域安全マップ」についての講習を教員の方たちなど対象で安全安心まちづくりの方が開催したという話は知っていました。
座学の講義だったときいておりました。
よって、今朝の記事のような残念な「安全マップ」が出来てしまいます。

児童と保護者が通学路や自宅周辺を歩いて点検  → 拍手
危険な場所の写真をとって注意する事項をメモに → 拍手

教諭らがまとめ製図した   → 残念
警察署から不審者情報を…  → さらに残念
交通事故が起きた場所    → さらに残念
約700枚印刷し家庭に配布 → さらに残念

「地域安全マップ」は犯罪機会論に基づき、「人」ではなく「場所」
に着目し、「入りやすい」「見えにくい」をキーワードに
犯罪が起こりそうな場所を、こども(大人でも一緒)が
実際に見て歩き、それを理由とともに地図を作成する過程で
自分自身が気づき、身に着けるということが最大の目的です。

よって、残念な内容として指摘した部分ははっきりいって
折角の地図を「不審者出没場所マップ」「交通安全マップ」
とまぜこぜにしてしまいました。

「不審者」はどんな人? の問いかけから始まるマップの作成。
皆さん不審者の判断が確実、的確に出来ますか?
だから、「場所」に着目するのです。

今週の火曜日に宮前区の犬蔵小学校で全4年生対象に
「地域安全マップ」作成を総合学習の時間で授業として
取り上げていただいたばかりです。

読売新聞にはそちらを取材してほしかった。
なんといっても、昨年夏には我々がやった
土橋小学校での「地域安全マップ」の講習会を取材頂いたのに、
担当する記者の方が違う人だったのでしょう。

折角の記事ですが、残念な感想となってしまいました。
| 鈴木邦之 | 地域安全マップ | comments(1) | - |
学校が動いた!
8月27日、地域安全マップ講習を、宮前区の犬蔵小学校の先生達を対象に開催しました。

☆ブログランキングに参加しています。お立ち寄りの際はポチッと1クリックお願いします←水泳

昨年度、「地域安全マップ」という犯罪回避能力を身につける事が出来るこの素晴らしいプログラムを、多くの子ども達に広めるために活動してきました。
このプログラムには、児童6人に1人の指導者がつかなければならないため、1学年に40人のクラスが2組あれば、実施するには14人ものインストラクターが必要となります。

防犯ネットワークが県のパイロット事業として認定され、開催してきたのは、このインストラクターを養成するための講座でした。
昨年度、延べにして300名を超える方達に受講していただきましたが、その講座で学んだ人の中から、自分の学校で開催しようという先生が出てきました。

今日はその学校の校長先生も参加していただき、内容をよくご理解いただきました。
そして、講座後の打ち合わせの中で、小学校4年生を対象に総合学習の時間を使って子ども達に、このプログラムを組んでいただけることになりました。
もちろん、その授業の中で子ども達に教えるインストラクターは、昨年度に我々の講座を受講した地域の大人達です。

これで、今までやってきた事がひとつの形になりました。

一緒に進めてきた宮前区地域教育会議さんに感謝をいたします。

防犯という共通のテーマを持って、学校と地域が一体となって積極的に意義ある事に取り組んでいく・・・この学校を機に、どんどん他の学校へ広がっていくと良いですね。


忙しかったけど達成感がありました。
| 田中 伸一 | 地域安全マップ | comments(0) | - |
高津区地域教育会議「子ども会議」でのマップ講座
8月25日(土)、高津区地域教育会議「子ども会議」において、地域安全マップづくりを行いました。
子ども会議では、12月8日(土)に子ども会議を開催しますが、本番の会議に向けた準備を、子ども役員たちが自主的に行っています。
その準備段階の会合の中で、地域安全マップづくりを経験しました。

子文での講座

子文での講座

この日もとても暑い天気でしたが、二子の子ども文化センターの周りを街歩きし、小宮ゼミの大学生のお兄さん・お姉さんの指導の下、楽しく地図づくりを行いました。
「入りやすく」「見えにくい」の2つのキーワードを、しっかり学んでくれたと思います。

☆お立ち寄りの際はポチッと1クリックお願いします←ケータイ
| kakuchan | 地域安全マップ | comments(0) | - |
青少年指導員が地域安全マップを!


川崎市の宮前区役所で宮前区の「青少年指導員」の方々を対象に
「地域安全マップ」インストラクター講座をしてきました。

防犯ネットワークの地域安全マップ事業としては3月以来久しぶりの取り組みです。
川崎市全市の青少年指導員に対する企画として検討してみるに
値するかどうか実際に見てみたい…ということで、
青少年指導員の企画部会長さんも参加いただきました。

大雨洪水警報の中、フィールドワークを実施できるか
最後まで判断に困りましたが、
宮前区の会長さんが「責任は持つ」と決断され、
フィールドワークも行ないました。

結果として、雨が降ることなく、無事にフィールドワークも終了。
マップ作成はいつものように大人が和気藹々と
コミュニケーションを深めながら実施されました。



皆さんとても熱心に取り組んでいただき、
充実した企画となりました。

12日には、宮前区の全小中学校の校外委員さんを対象に
再度「地域安全マップ」の講座を開催します。

また、全市の「青少年指導員」の企画としても検討いただけるとのこと。
こういうことで休日が潰れるのは苦になりません。
是非、色々な地域に広がればいいなと思っています。

お立ち寄りの際はポチッと1クリックお願いします← おてんき
| 鈴木邦之 | 地域安全マップ | comments(0) | - |
地域安全マップインストラクター養成講座 高津その3
高津で今年3回目、そして神奈川県安全安心まちづくりパイロット事業としては今年度最終の「地域安全マップ」事業を、昨日3月4日(日)、てくのかわさきで開催しました。

今回は地元高津のPTA関係者をはじめ、大和市の職員の方や、川崎市麻生区の市民グループの方、mixiの防犯ネットワークのコミュニティからの参加者など、非常に広範囲からご参加いただきました。

☆お立ち寄りの際はポチッと1クリックお願いします←ケータイ

ぽかぽか陽気の中、フィールドワークも楽しんでいただけたようです。翌日の今日が、低気圧で荒れた天気でしたから、本当に昨日実施できてよかったです。



18年度の神奈川県安全安心まちづくりパイロット事業として、昨年夏から宮前区、高津区、麻生区で行ってきましたが、いろいろな出会いや気付きがあり、我々としても非常に楽しかったです。



立正大学の犯罪社会学研究会の学生さんたちにも、本当にお世話になりました。19年度も定期的に開催していきたいと思いますので、これからもどうぞよろしくお願いします。



今後は、これまでご参加いただだいたインストラクターとしてご協力いただける方々とともに、広く子どもたちを対象にした講座にしていきたいと思います。



今年度最後ということもあり、かつ、熱心にメモをとる受講生に、講師としてたいへん緊張したkakuchanでした。
| kakuchan | 地域安全マップ | comments(0) | - |
パイロット事業 最終回
神奈川県から安全安心まちづくりパイロット事業として認定いただいた「地域安全マップ」事業が明日で最終回を迎えます。

昨年から、宮前区で5回、高津区で4回、麻生区で1回、計10回開催してきました。
パイロット事業としての開催は明日が最後ですが、この地域安全マップ事業はこれからも定期的に続けていきたいと考えています。

明日3月4日は大和市から市の職員の方が2名、また麻生区より市民グループの方が4名参加されるなど、参加される方々の地域に広がりが出てきました。
おなじみとなった立正大学の犯罪社会学研究会の学生さんも5名のお手伝いをいただけることになっています。
スタッフや参加者にとって、恒例となった講座修了後の学生さん達との世代を超えた交流会も、とても楽しみな時間です。

天気予報では明日は暖かくなるようで楽しみです(^_^)v


私信→克ちゃん、明日は宜しく頼むよ!

☆お立ち寄りの際はポチッと1クリックお願いします←ジョギング


| 田中 伸一 | 地域安全マップ | comments(0) | - |
地域安全マップインストラクター養成講座 高津その2
2月17日(土)、高津での今年2回目の地域安全マップインストラクター養成講座を開催しました。

☆お立ち寄りの際はポチッと1クリックお願いします←ケータイ

今回もお子さんの参加がありましたが、犯罪の起きやすい『入りやすい場所』と『見えにくい場所』というふたつのキーワードを理解いただけたようで、よかったです。



われわれ、防犯ネットワークのスタッフも、初心に返って立正大学の小宮ゼミの学生さんとフィールドワークをともにしました。



3回目は3月4日の日曜日に、また〈てくのかわさき〉で開催します。
参加希望者は、お名前・ご住所・電話番号をメールでお知らせください。
info@bouhan-network.com

今度は元気のいい高津区子ども会議のメンバーも参加してくれるので楽しみです。
| kakuchan | 地域安全マップ | comments(0) | - |
<new | top | old>