☆みんなの力で地域を守る!☆

NPO法人防犯ネットワークのプログ。
情報を共有してみんなの力で地域を守ろう!
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
LINKS
RECOMMEND
RECOMMEND
おひとりさまの防犯術―女子必携 これ一冊で泣き寝入りナシ!
おひとりさまの防犯術―女子必携 これ一冊で泣き寝入りナシ! (JUGEMレビュー »)
平塚 俊樹
防犯ネットワークの仲間である証拠調査士(エビデンサー)平塚俊樹さんが防犯術を本にしました。
女子必携、これで泣き寝入りなし!
RECOMMEND
大地震から家族を救う方法 ~緊急地震速報対応~ 寝床を変えれば生存確率が90%UPする!
大地震から家族を救う方法 ~緊急地震速報対応~ 寝床を変えれば生存確率が90%UPする! (JUGEMレビュー »)
和田 隆昌
防犯ネットワーク防災担当理事、和田隆昌の2冊目。
コンビニエンスストアなどでお買い求めいただけます。
ぜひ一家に一冊常備をお勧めします。
RECOMMEND
犯人目線に立て! ―危険予測のノウハウ
犯人目線に立て! ―危険予測のノウハウ (JUGEMレビュー »)
小宮 信夫
防犯ネットワークが大変お世話になっている立正大学小宮信夫教授の新刊。
80枚以上の写真を使って被害にあわない方法をわかりやすく解説。
子どもの安全の切り札、地域安全マップ授業の台本付き。
RECOMMEND
大地震 死ぬ場所・生きる場所 All About Books
大地震 死ぬ場所・生きる場所 All About Books (JUGEMレビュー »)
和田 隆昌
防犯ネットワークの防災担当理事、和田隆昌の本が出版されました。
どうぞよろしくお願いします。
RECOMMEND
安全はこうして守る―現場で本当に役立つ防犯の話
安全はこうして守る―現場で本当に役立つ防犯の話 (JUGEMレビュー »)
小宮 信夫
防犯ネットワークの理事長、田中伸一が執筆者として参加。

防犯の最先端の実践者が本音で書いた関係者必携の本!
RECOMMEND
PROFILE
SEARCH
震災義捐金
3月11日に発生した 「東北地方太平洋沖地震」 にて、被災されました皆様、
またそのご家族、関係者の皆様に、
心よりお見舞い申し上げると共に一日も早い復旧をお祈り申し上げます。

だいぶ流通が回復してきたようですが、被災地ではまだまだ物資が行き届いていないようです・・・

まだ気が早いのかもしれませんが、支援物資が届いた後、緊急支援から街や地域の復興支援を考えた時に私たちに何ができるのでしょうか・・・
自分たちに出来ることを行動に移したいですよね。。。

防犯ネットワークのアドバイザーをしてくれている友人(代議士)のブログに興味深い記事がありました。

復興支援に移った時には、やはり「お金」が一番自由度が高く、使い勝手が良いそうです。
過去の雲仙・普賢岳の災害時には、行政から「食事供与事業」が実施されたそうで、
「食事の現物支給」と「1人1日1000円」を選べたそうですが、
誰一人として食事の現物支給を選ばずに1日1000円を選んだそうです。

そのくらいお金の支援の方が被災者は助かるのでしょう。。。

彼のブログには一世帯当たりの義捐金の額も紹介されています。

北海道奥尻島の津波被害では260億円の義捐金が集まり、
1世帯あたり約1350万円になりました。

また、雲仙・普賢岳の噴火被害では234億円の義捐金で、
1世帯あたり約1000万円になりました。

しかし、阪神・淡路大震災では、多額の義捐金が集まったものの、
被災世帯が約46万世帯もあり、1世帯あたり約40万円でした。

今回の大震災も被災世帯がとても多いので、残念ながら1世帯あたりの義捐金は、
さほど多くはならなのでしょう。。。

さて、義捐金の寄付方法ですが、皆さんはどのようにされていますか?
様々な団体があり、方法があると思います。

私は、(恥ずかしい話ですが)あまり多い金額だと自分が負担に感じてしまうので、
少しばかりのお金を何度も寄付する事にしています。

方法は、ファミリーマートの中に設置されているファミポートを使っています。



この機械を見つけてパネルをタッチすると、いろいろなメニューが表示されるのですが、
その中から、「寄付」という項目をタッチ

すると、日本赤十字をはじめ、いろいろな団体が表示されます。

その中から、今回は日本赤十字を選択。

項目が2つ表示され、そのうちの1つが「東北関東大震災義捐金」です。




その後に金額を選択(500円〜)
プリントされた用紙を持ってレジに行き、寄付金分を支払います。

こんなことを言っては叱られてしまうかもしれませんが、
私は(私はですよ)街かどで募金箱を持ってくれている人の募金箱にお金を入れるのにちょっと抵抗があります。。。

いかにも「募金してます!」というのが、なんとなく気恥ずかしいので・・・

この方法なら他の買い物と一緒にさりげなく出来るので、良かったらお試しください。
| 田中 伸一 | 理事長のひとり言 | - | - |
元気出そう!!
 

東北関東大震災により被災された皆様に、お見舞い申し上げますとともに、御無事をお祈りいたします。


私の知人にも、まだ連絡が取れない人が何人かいます・・・


今までだれもが経験したことのない大震災が起きてしまい、日本中がまだ混乱をしています。


また、原子力発電所の事故もたいへん気になります。


ガソリンが入れられなくなり、水が買えなくなり、停電が起きる・・・

日常と違う光景を見ていると不安で呼吸が浅くなってしまいます。


しかしながら、被災をしていない私達が萎縮せず、なるべく普通に生活することが復興の近道だと思います。


そして、こんなときに大切なのは、やはり「愛」なのだと思い知らされます。

地域に必要なのも「愛(関心)」、「思いやり」です。

防犯ネットワークは、まさに、地域の人たちの「思いやりの受け皿」を作るために立ち上がったNPO法人です。

家族、大切な友人、会社の仲間、そして地域の人達と力を合わせて、落ち着いてこの難局に立ち向かいましょう。

私たちは防犯ネットワークの仲間です!

この震災に関して、人心につけこみ、義援金の振り込みを要求する振り込め詐欺がすでに発生しています。

電話等で積極的に義援金の振り込みを要求するものは、詐欺の可能性が高いのでご注意ください。

また、計画停電が予定されていますが、停電時はオートロック、ドアホン、自動ドア全てがオープンになってしまい、家庭のセキュリティが低くなります。


街灯や信号も消えてしまいますので夜間の運転にも注意が必要です。


停電時に慣れないロウソクを使って火事になるケースもあります。

ロウソクを使うより、寝てしまった方が良いかもしれませんね

 

常に防犯を意識して、自分にできるアクションを起こしましょう。


ある地域では、ワンワンパトロールや夜回りをしているところもあるようです。

また、地域の方と積極的に挨拶をして声を掛け合いましょう。



今回の福島原子力発電所の事故について子ども達が怖がっているという話を地域の小学校の
PTA会長さんから聞きました。

 

メディアアーティストの八谷和彦さんによる、福島の原発の状況のわかりやすい解説です。

うんち・おならで例える原発解説〜

おなかがいたくなった原発くん」 


防犯ネットワークでは、ウエシマ作戦とヤシマ作戦を推奨します。

ウエシマ作戦とは。

首都圏で発生しているガソリンなどの買い占め行動に対し、お笑いトリオ・ダチョウ倶楽部の定番ギャグ「どうぞ、どうぞ、どうぞ」を引用して抑制を呼びかけるものです。

「ウエシマ作戦が発動される模様!」ダチョウ倶楽部が如く買い占め等せず資源、品物を譲り合いましょう!!」

 

ヤシマ作戦(節電運動)とは。

TVアニメ新世紀エヴァンゲリオン」に登場する作戦名です。

攻撃兵器の電力を集めるために日本中を停電状態にする。作戦名は、屋島の戦いに由来します。

2011311日、東北地方太平洋沖地震で、福島県原発など東京電力および東北電力の発電設備にも大きな打撃を受けたため、政府と電力会社が停電を避けるために広範囲な節電を呼びかけたことが、上記の「エヴァ」作品上の作戦と類似していたことから、twitterなどを中心に「ヤシマ作戦」と呼ぶようになり、多くの若者たちも作戦に協力しています。

みんなで自分にできる行動を起こして、被災地に一刻も早い復旧をしていただきたいです。

| 田中 伸一 | 理事長のひとり言 | - | - |
セーブ・ザ・チルドレン
冬の京都に行ってきました。

私が所属していた青年会議所というボランティア団体では、毎年1月にメンバーが全国から京都に集まり、会議や懇親会を行います。

今年は、長年一緒に活動していた後輩が日本青年会議所の会頭になったために、応援に駆けつけました。

懇親会の会場で大阪の知人に久しぶりにお会いしたところ、今はセーブ・ザ・チルドレンの理事長をされているとのことでした。

とても優秀な方で、現役時代(40歳まで)から素晴らしい活動をされていてのですが、さすがです!!

セーブ・ザ・チルドレンでは、いろいろな方法で世界の子どもたちをサポートすることができますので、ぜひ皆さんウェブサイトを覗いてみてください→ セーブ・ザ・チルドレン

私たちも負けないように頑張らなきゃ(^^)v

余談ですが、京都に行く新幹線で みんなの党の 渡辺善美代表と同じ車両でした。
防犯ネットワークでアドバイザーをしてくれている山内康一代議士の事を伝え、ご挨拶をさせていただきました。
にっこり笑って握手をしていただいたのですが、うっかり写真を撮り忘れてしまいました(苦笑)残念!

←ブログランキングに参加中です!
ポチッとワンクリックにご協力お願いします!



セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンへ
| 田中 伸一 | 理事長のひとり言 | comments(0) | - |
エビデンサー(証拠調査士)登場!!
防犯ネットワークの同志、エビデンサー(証拠調査士)の平塚さんが事務局に遊びに来てくれました嬉しい
お会いしたのは久しぶりなのですが、久しぶりに会った気がしないのはブログやメールでつながっているからでしょうかグッド

最近のおきている事件、犯罪の傾向、いろいろな裏話など、たいへん興味深いお話を聞かせていただきました。

平塚さんも地域の連携を強めて犯罪に強い町になることが大切と提唱されており、まさに防犯ネットワークと同じ方向を向いて活動されていると(自分勝手にですが)感じました拍手

平塚さんは、先日お知らせをした おひとりさまの防犯術 を執筆されたばかりですが、実は次の著書もすぐに発売となりました。
本のタイトルは、クレームストーカー対策マニュアル


最近は、企業に対して凶悪なクレーマーが激増しており、早急に対策を立てる必要がある事について書かれています。
企業経営者の方にはぜひ読んでいただきたい一冊ですね晴れ
私も早速注文しましたグッド

今後も労働問題対策知的財産問題についての本を出版予定だそうです。
詳しくは平塚さんのブログを確認ください→平塚さんのブログ

お互いに連携して犯罪に対する地域の力を強めていこうと確認しあった2人なのでした楽しい


←ブログランキングに参加中です!
ポチッとワンクリックにご協力お願いします!




| 田中 伸一 | 理事長のひとり言 | comments(1) | - |
ツイッター活用方法
このところとても注目をされているツイッターですが、皆さんはすでに利用されていますか?

私は昨年の7月からつぶやき始めましたが、使い方を理解せずに今まですっと放置していました(苦笑)

先日、フジテレビの朝の番組を見ていたら、トラのぬいぐるみを着て都内を移動している人を、ツイッターを利用して発見することができるか実験していました。

結果は、多少時間がかかったもののツイッターの利用者から寄せられた情報を使って見事に発見することができていました拍手

この番組を見ていて、地域で暮らす人々の ちょっとした善意の行動によって犯罪に対して強い町を実現しようとしている私たちにとって、ツイッターは強力なツールになる可能性があると感じました。

事件や事故の目撃情報、徘徊老人の捜索支援などもできてしまいますよねグッド

ITが苦手な私ですが、まずは自分が試してみなければ・・・見る

みなさんもツイッターを始めてみませんか?
簡単に登録できますチョキ

登録されたら、ぜひ気軽に私をフォローしてみてください楽しい
たぶんつまらない事をつぶやいていると思いますが(笑)
宜しくお願いします。

田中伸一→ https://twitter.com/tanaka1014

ツイッターのユーザー登録画面→ https://twitter.com/login


←ブログランキングに参加中です!
ポチッとワンクリックにご協力お願いします!


| 田中 伸一 | 理事長のひとり言 | comments(0) | - |
エビデンサー(証拠調査士)
みなさん、こんにちは。
いつも防犯ネットワークのブログをこ訪問いただきありがとうございます。

今日は防犯ネットワークの仲間、エビデンサー(証拠調査士)の平塚さんが新しい本を出版されたのでご案内させていただきます。

みなさんは「エビデンサー」をご存知ですか?
エビデンサーとは、トラブルが起きた時に問題を解決をするための法的に有効な証拠を集め、調査をする専門家です。

トラブルに遭っても証拠が無いために、警察にも弁護士にも相手にされず途方に暮れている人たちが数多くいます。
なぜなら、裁判で戦うには法律的に弁護士が戦う為の有効な証拠が必要だからです。

多くの方が、弁護士がこの証拠を集める事に関しても専門家だと勘違いをされているようです。
日本以外の多くの国では、証拠集めの専門家が証拠を集める仕事をし、弁護士はその証拠をもとに裁判で戦います。
*詳しくは平塚さんの本を読もう(^^)v

平塚さんは、これまで数千件にも上るトラブルを解決へと導いてきました。
その経験から「おひとりさまの防犯術」を執筆されています。
実際に起こった事件のケーススタディ、犯罪に立ち向かうための知識と対策を「エビデンサー」の立場から書かれています。
特に女性の方にはお読みになっていただきたい内容です。





←ブログランキングに参加中です!
ポチッとワンクリックにご協力お願いします!
| 田中 伸一 | 理事長のひとり言 | comments(3) | - |
緒方貞子さんにお会いしてきました
11月13日の記事に書いたように、先月の11月27日に緒方貞子さんとお会いすることができました。
9.11同時多発テロの後、ニューヨークでお会いした時のことをよく覚えていてくださいました。

久しぶりにお会いした緒方さんは、とても若々しく、お元気でしたグッド




←ブログランキングに参加中です!
よろしくお願いします!
| 田中 伸一 | 理事長のひとり言 | comments(0) | - |
ボウリング大会
先週の12日(土)、恒例のボウリング大会&忘年会を開催しました!
防犯ネットワークのボウリング大会は2ゲームの合計点で争われ、男性はハンデなし、女性は1ゲームにつき50点のハンデがあります。

いつもいつもレベルの高い防犯ネットワークボウリング大会ですが、今回は172+210=382点で、私が優勝することができましたグッド



防犯ネットワークでは、お花見会や新年会・忘年会、ボウリング大会などお楽しみの会を開催していますので、ぜひお気軽にご参加ください嬉しい

みなさん年末で忙しい日々が続いていると思いますが、体調を崩されないようお体ご自愛くださいねラブ


←ブログランキングに参加中です!
ご声援、よろしくお願いします!
| 田中 伸一 | 理事長のひとり言 | comments(0) | - |
地域総安心量
ヒマラヤにあるブータンという小さな国には、GNH(Gross National Happiness )という概念があるそうです。
日本語に訳すと「国民総幸福量」となるのでしょう。

これは、国民全体の幸福度を示す尺度のことで、国内総生産(GDP)や国民総生産(GNP)に代わる概念として、1972年に当時の国王が提唱したそうです。

ブータンでは、この「国民総幸福量」を高めることを国是として近代化の速度をコントロールしながら伝統や習慣を守っています。
物質的な豊かさより精神的な豊かさを目指すべきだという考え方は先進国からも注目を集めています。

ブータンの国政調査では「あなたは今、幸せか?」という質問に97%の国民が「幸福」と答えたそうです。
ちなみに、ブータンの国民一人あたりの年間平均所得は10万円を切っているとのこと・・・

97%の人が「幸福」と答える国をちょっとうらやましく感じてしまいます。

お祭りや盆踊りなど地域の行事に参加する時、私たちの暮らす地域でも失われつつある伝統や習慣が多くあると感じます。
日常の忙しさに負けず、昔からある伝統や習慣を次世代に引き継いでいきたいですよね。

防犯ネットワークでは、地域の連帯力を強化することで、地域総安心量(かってに作りました)の高い町を目指していきたいと思います。


←ブログランキングに参加中です!
ポチッとワンクリックお願いします!
| 田中 伸一 | 理事長のひとり言 | comments(1) | - |
中原区の会員急増中!
今年7月にスタートしたばかりの中原支部でこのところ会員登録が急増しています。
メール会員にご登録いただいた方がすでに500名を越えました。
これは、中原区内の全町内会・自治会に回覧板でPRしていただいた事が大きいと思います。
多くの皆さんが地域のことに関心を持っていただいているのですねグッド

新聞には載らない犯罪が身近なところで起きています。
情報を共有して防犯意識を高め、犯罪に強い地域社会をみんなで一緒に作っていきましょうジョギング

もちろん他の支部も中原支部に負けてはいられません汗
会員増強に向けて頑張りますひらめき


すでにご登録をお済ませいただいた会員の皆さま、ぜひお知り合いの方にもお薦め下さい嬉しい


←ブログランキングに参加中です!
ポチッとワンクリックお願いします(^^)/



| 田中 伸一 | 理事長のひとり言 | comments(0) | - |
<new | top | old>