☆みんなの力で地域を守る!☆

NPO法人防犯ネットワークのプログ。
情報を共有してみんなの力で地域を守ろう!
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
LINKS
RECOMMEND
RECOMMEND
おひとりさまの防犯術―女子必携 これ一冊で泣き寝入りナシ!
おひとりさまの防犯術―女子必携 これ一冊で泣き寝入りナシ! (JUGEMレビュー »)
平塚 俊樹
防犯ネットワークの仲間である証拠調査士(エビデンサー)平塚俊樹さんが防犯術を本にしました。
女子必携、これで泣き寝入りなし!
RECOMMEND
大地震から家族を救う方法 ~緊急地震速報対応~ 寝床を変えれば生存確率が90%UPする!
大地震から家族を救う方法 ~緊急地震速報対応~ 寝床を変えれば生存確率が90%UPする! (JUGEMレビュー »)
和田 隆昌
防犯ネットワーク防災担当理事、和田隆昌の2冊目。
コンビニエンスストアなどでお買い求めいただけます。
ぜひ一家に一冊常備をお勧めします。
RECOMMEND
犯人目線に立て! ―危険予測のノウハウ
犯人目線に立て! ―危険予測のノウハウ (JUGEMレビュー »)
小宮 信夫
防犯ネットワークが大変お世話になっている立正大学小宮信夫教授の新刊。
80枚以上の写真を使って被害にあわない方法をわかりやすく解説。
子どもの安全の切り札、地域安全マップ授業の台本付き。
RECOMMEND
大地震 死ぬ場所・生きる場所 All About Books
大地震 死ぬ場所・生きる場所 All About Books (JUGEMレビュー »)
和田 隆昌
防犯ネットワークの防災担当理事、和田隆昌の本が出版されました。
どうぞよろしくお願いします。
RECOMMEND
安全はこうして守る―現場で本当に役立つ防犯の話
安全はこうして守る―現場で本当に役立つ防犯の話 (JUGEMレビュー »)
小宮 信夫
防犯ネットワークの理事長、田中伸一が執筆者として参加。

防犯の最先端の実践者が本音で書いた関係者必携の本!
RECOMMEND
PROFILE
SEARCH
第2期 総会が修了しました☆
昨日、高津市民館の会議室にて防犯ネットワークの総会が開催されました。
皆さんの温かい支援とご協力のおかげで、NPO法人となって2期目の活動を終えることができました。
本当にありがとうございます。

☆お立ち寄りの際はポチッと1クリックお願いします←ひらめき

今期はもっともっと多くの人と一緒に活動したいと考えていますので、どうぞよろしくお願いします。

取り急ぎご報告まで。





| 田中 伸一 | 会員情報 | comments(0) | - |
宮前平のハサミを持った不審者
11月2日3時頃子供(小学2年生の女子)が帰宅し、宮前平第2公園(東急線をわたる八幡橋脇)の横断歩道を渡った時、背後からシャキーンという音がしたので振り向くと、白い帽子を被った50〜60位の男性が、植木を切るような大きなはさみを持っていて、刃先を向けられたので防犯ベルを引いたのですが、誰も気付いてくれず、走って家迄帰ってきたという事でした。

子供を家で留守番させ、すぐに確認しにいきましたが、見つけられませんでした。
警察と学校にもお知れせし、各々公園に行って下さいましたが、見つけられなかったとの事でした。

昨日(1日)も同じ公園で、白い帽子の50才位の男性が、ハサミで子供を脅したそうです。
皆様、気を付けて下さい。

*近隣にお住まいの方は、地域の目を光らせていただけますよう、お願いいたします。


←ブログランキングに参加中です!
ポチッとワンクリックお願いします!

| 田中 伸一 | 会員情報 | comments(1) | trackbacks(0) |
会員さんからのメール
昨日の情報に対して返信されたメールです。(一部表現を変えさせて頂きました。)

いつも情報ありがとうございます。
昨日の朝だったと思うのですが、世田谷区で不審者が続けて出現しているとのニュースを見ました。
世田谷といっても広いですが、用賀のあたりでも何度か起こっているという
内容だったと思います。
本日いただいた情報にあった246の歩道橋がどのあたりかわかりませんが、
多摩川を渡れば目と鼻の先の事件ですよね。
宮前と高津で情報が分断されていることの懸念と同様、世田谷区との連携もお願いできれば大変助かります。
学校からは、多摩区の脅迫電話の件ですら全くアナウンスされない状況です。(我が家は高津区在住です)

私自身、半年くらい前ですが、津田山から246の歩道橋を渡って溝の口駅へ
向かう途中、逆方向から登ってきた不審者(露出している30代男性)と
遭遇しました。





いつも有益な情報ありがとうございます。
246号線近辺の情報をいただいたので、最近感じたことをお知らせします。
主人と数週間ほど前の週末、246号線の本のリサイクルショップに行きました。
もう辺りは暗い時間帯で、PM7時とかPM6時位だったでしょうか。
立ち読みをしていると、回りの雰囲気(他の客)が、溝の口の本屋さんとは
随分違い、自分の財布の所在をしっかりと確かめながら、あるいは隣に同じように立ち読みに来ている人の様子をうかがいながらと、居心地が悪かったです。
主人は同じ店の違う所で立ち読みをしていたのですが、
あとで合流した時、「全く同じ印象を持った」という話をしました。
このお店には今回で初めての来店ではありませんが、こういう印象を持ったのは初めてです。
あのお店は若い店員がしっかりしていて不愉快な思いはしたことがありませんが、週末の遅い時間帯で来店している客の中には、異様な人がいました。
何かをされた訳ではありませんが、「訳ありの人が来店している」と私は感じました。

| 田中 伸一 | 会員情報 | comments(1) | trackbacks(0) |
ガーディアンエンジェルスと名乗る集団?
トンネルでの殺人事件があった梶ヶ谷の会員の方から気になる情報が寄せられています。
以下は、会員様からのメールです(一部抜粋)

>実は、最近自称“ガーディアンエンジェルス?”という中年の男性が梶が谷駅から事件のあったトンネルに続く道や、川崎市民プラザあたりにいるのですが、その男性の注意の仕方が度を越すもので、あたりの住人からは恐れられております。
たとえば、そのあたりのバス停やコンビニのゴミ箱の中身の分別に問題ありといって、近所やコンビニの人に注意するだけならまだしも、ゴミ箱をけとばしていたとか、大声でどなりちらしていたという行為があったそうで、その自称ガーディアンエンジェルスの人のことを知らない付近の住民からは“あの人は不審者ではないか?”という問い合わせが小学校の校外委員に寄せられたほどです。

また、先日も川崎市民プラザで子供が遊んで走っておりましたら、親に向かって“子供を注意しろ!”というようなことを大声でどなりつけまして、その後広場にいた、親子連れが一斉に退去したというようなことがありました

とにかく、ガーディアンエンジェルスについて、TVなどで見る限りは街の治安についてがんばっておられる方々という印象を持っておりましたが、梶ヶ谷付近にいる、その自称ガーディアンエンジェルスの方は付近住民に恐れられているということしか、現在のところいえないように思えます。

このような内容のご連絡をいただきました。

過去の記事にも書きましたが、私もずいぶん前からガーディアン・エンジェルスの活動を見てきましたが、住民を威嚇するようなパトロールをしているとは考えられません。

そこで、日本ガーディアン・エンジェルスの事務局に問い合わせてみたところ、次のようなお返事をいただきました。

>現在、神奈川県内で日本ガーディアン・エンジェルスとして支部があるのは横浜・横須賀・大和の3地域のみになりますので、川崎市内でのパトロール活動は行っておりません。

私ども団体の名前を語ってご迷惑を掛けている方がいるというのは
とても残念な事ですが、団体とは関係の無い方ですので、今後その方が
またご迷惑を掛けるような行動をしているところを見かけられた場合は
最寄の交番または警察署に通報していただきますようお願いいたします。



おそらく、このパトロールをされている方達は、地域の安全に対して危機感を持っており、何か行動を起こそうと善意でパトロールをスタートしたのだと思います。
この事に対しては、地域に何も関心を持っていなかったり、関心を持っていても何も行動を起こさない人々よりも、「地域の治安の為に積極的に行動を始めるのだ」という心意気を感じます。

しかしながら、地域住民が怖がったり、威嚇されていると感じてしまうようなパトロールの方法には問題があると考えます。

11月3日の市民パトロール活性化集会に参加して、正しく、効果的なパトロール方法を学びましょう!(もう少し席に余裕があります)

←ブログランキングに参加中です!ポチッとワンクリックお願いします!

| 田中 伸一 | 会員情報 | comments(0) | trackbacks(1) |
市民局への意見
昨日より、子ども110番事業に対して多くのメッセージが寄せられています。
会員様から、以下のメッセージが寄せられましたので参考まで。

かわさき市政だより7月1日号に、このステッカーに順次張り替える
ことが書かれてあり、もう時すでに遅しという感がありますが、
意見は伝える必要があると思います。
市政だよりによれば、こども110番についての問い合わせ先は、
市民局青少年育成課  TEL:200-2669, FAX:200-3914
教育委員会健康教育課 TEL:200-3296, FAX:200-3950
となっています。
また、同号の2ページにある「市民オンブズマン」に苦情を
申し立てる方法もあります。ホームページ
http://www.city.kawasaki.jp/75/75sioz/home/jimu/ichiran_i60.htmから、市民オンブズマンへの苦情申立てフォームにて送信することも
出来るようになっています。多くの方々が、意見を言うことが出来るように、
念のため、お知らせいたしました。


市への電話など、実際に行動を起こして頂いている方も多くいるようです。

私も市民局青少年育成課へ連絡をしてみました。
担当の方は、しっかりとした対応でこちらの意見を聞いてくれました。

現在のところ、マグネット式のマークを使用する予定で、盗難防止の為に
1.ナンバ−リングをする。
2.駐車中は取り外し、車内に保管する。
という事を考えているそうです。

使用方法(車に使用)の変更について可能性を聞いたところ、「多くの方から同様のご意見が寄せられれは検討する」とのことでした。

同じご意見をお持ちの方は、市民局TEL:200-2669までご連絡下さい。



| 田中 伸一 | 会員情報 | comments(1) | trackbacks(2) |
犬のおしっこトラブル
今日は犬の散歩中に発生したトラブルについてです。

←ブログランキングに参加中です!ポチッとワンクリックお願いします!

以下、会員様からのメール。

ペットの散歩に関わるトラブルを経験しましたので参考になればと考えまして、ここにお知らせします。
下作延に住んでいます。
柴犬を飼っていて、毎日、私の母が散歩に連れています。
事は、6月2日の夕刻の散歩の時に起こりました。

母は、散歩の帰り道で、自宅まで200m位のところで飼い犬が、マーキグをしました。
いわゆる”おしっこ”ですが、それを観ていた、とあるマンションの住民一人が出てきて、母に、「なぜペットボトルを持って水で荒い流さないか?」と注意してきたそうです。
住民のマンションへおしっこをさせた訳ではなく、別のブロック塀だそうですが、その住民の方はどうやら「犬のおしっこ」自体に不満があり、偶然居合わせた母に注意をしたようです。
母もかなりしつこく注意をされ、付きまとわれ始めたので「私には重くてペットボトルは無理」と反論したそうす。
すると、住民は、携帯で写真を撮り始め、近くの寄ろうとした時に母が振り払うと、逆上したようで母親を蹴りつけたそうです。
なおも、付いてこようとするので、母は110番しました。
結果、パトカー3台に刑事さんが乗って来て事情聴取という事になりました。
母の足はあざが出来る程度でしたので、その場は事件という事にはしない事で刑事さんが仲介して収まりました。

確かに、犬の散歩に伴う排泄の問題は近年、ブームもあり問題になっています。
母が他の散歩仲間に聞くと、その住民は以前も同様の事があり近所のペット仲間には結構知れている人物だそうです。

我が家では糞の処理は必ず回収してやっていますが、”おしっこ”となると、毎回水荒いをするのは難しい面もあります。
ペットを飼わない人にとっては、飼い主の勝手な行動にしか映らず、不快感から今回の様なトラブルに発展すると思います。

わんわんパトロールの方の活動時にも、こういうトラブルが起きない様に願っています。





というご連絡でした。

ワンちゃんのおしっこを洗い流すのは、今や常識なのでしょうか?
私はまだ見たことはありませんが・・・考えさせられる情報です。

もちろん、人の車のタイヤとか、家の門に平気でおしっこをかけさせるマナーの悪い飼い主はあまりいないでしょうが・・・
犬の嫌いな人にとっては、家の前でおしっこをされるだけでもイヤな気がするのでしょうね。

ペット先進国などはどうしているのでしょうか??
詳しい方がいたら、ぜひ情報を教えて下さい。

高津わんわんパトロール隊でも、奨励マナーを発表する必要があるかもしれませんね。




| 田中 伸一 | 会員情報 | comments(129) | trackbacks(0) |
不審者情報
会員様からの情報です。
31日に寄せられていましたが、多忙の為、配信が遅くなってしまいました。


今日の四時半頃、橘公園で不審者とみられる三十代くらいの男が、警察に保護されました。
一週間位前から公園に現れて、何時間もふらふらとして様子がおかしかったようです。
今日は、女の子が声をかけられたり、スカートを覗くような様子が見られたため学校に知らせたようです。
| 田中 伸一 | 会員情報 | comments(0) | trackbacks(0) |
会員様からのメール
防犯ネットワークの会員様から、「不審者に対する対応に失敗しました」というタイトルのメールを頂きました。
メールを原文のままご紹介しますが、会員様の住んでいるマンションに不審者が出没し、警察、消防が帰った後で、再度トラブルが起きてしまったとのこと。
対応に後悔し、他の会員の皆様に注意を呼びかけるものです。

以下、会員様からのメール。
蟹が谷の川沿いマンションに住んでいます。
29日夕方訪問者がこのマンションに住んでいる結婚相手の女性が室内で倒れているかもと 警察 消防 救急車など呼んだそうです。
火事などで住人の私たちも急いで逃げなければいけないという訳ではない とわかり 邪魔しないように自分の部屋に戻ろうとした所、いっしょの住人から その訪問者はとても酔っていて 2階から大量のおしっこを下にしていた不審者だ、と聞きました。
一時間ほどして 何もなかったのか 警察の人達すべて去っていったみたいでした。
まさか その不審な人を私たちのマンションに残していっているとは 全く思いませんでした。
玄関のエントランスにまだいたのです。
30分ほど後にマンションを訪問した若い女性が その不審者に抱きつかれました。
悔しかった。
警察方はその不審者を残していくと なぜ誰かに伝えていってくれなかったのか。
そうすれば 男性の皆さんに見張ってもらったのに。
いや私たちが、成り行きを最後まで少し近くで見守るべきでした。
みなさん、同じ失敗をしないようにして下さい。
(もちろん不審者は ちかん行為をしたという事で逮捕してもらいました)


以上が、会員様からのメールです。
もしかしたら、その不審者は一度マンションを離れて、もう一度帰ってきたのかもしれません。(通常、警察はそのままにして帰らないと思われるので)

大切なのは、「いや私たちが、成り行きを最後まで少し近くで見守るべきでした」という思い。
これは、人任せではなく、自主的に「私たちが何とかしなければならない」と思われたという事です。
そして、他の会員のみなさんにも、その思いを伝えていただいたという事がとても大切なことだと思います。

防犯ネットワークの理念は、
地域に関心を持ち、情報を共有する。
そして、見て見ぬふりはせず、自分に出来ることを考え、行動する
です。
会員の皆様のご協力をお願いします。



| 田中 伸一 | 会員情報 | comments(0) | trackbacks(0) |